週刊 いのちの道(4)

ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、
神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。
この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、
名をマリヤといった。
御使いは、入って来ると、マリヤに言った。
「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、
これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
すると御使いが言った。
「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。
ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。
その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。
また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。
彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」
そこで、マリヤは御使いに言った。
「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」
御使いは答えて言った。
「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。
それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。
不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。
神にとって不可能なことは一つもありません。」
マリヤは言った。
「ほんとうに、私は主のはしためです。
どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」
こうして御使いは彼女から去って行った。

(ルカ1章26節~38節)

イエスの前触れとなるバプテスマのヨハネが、老女エリサベツの胎内に宿って半年。
かつて、エリサベツの夫で祭司のザカリヤのもとに現われた天使ガブリエルが、
マリヤの前にも現われます。
マリヤはおそらく15歳ぐらい。
ダビデの子孫で大工のヨセフの婚約者でした。

マリヤの前に現われた天使は、突然「おめでとう」と告げます。
とまどうマリヤに天使は続けて、マリヤが神の子イエスを宿すことを告げます。
マリヤは質問します。自分はまだ婚約中の身であり、男の人を知らない。
それなのにどうして子を宿すことができるのでしょうか、と。 
天使の答えは、聖霊による受胎でした。
通常の夫婦の営みによるのではなく、
聖霊なる神が処女マリヤの胎内で、神の子イエスを形作るのです。
そのようにして生まれた人は、他にいません。

イエスは聖霊によって生まれたのであり、
それゆえ、聖なる、罪のないお方なのです。

処女懐胎は人間の常識を超えた奇蹟です。
しかし、神にとって不可能なことはありません。
あの老女エリサベツも妊婦となりました。
マリヤは一連の天使の御告げを聞き、神に身をゆだねます。
神の前にはしためとして身をかがめ、神のことばを信じ受け入れたのでした。

マリヤは信仰の対象ではありません。
しかし、神のことばを純粋に信じるその姿は、
人のあるべき姿の美しい模範です。

**********************************************************************

  • 著名人の聖書観

    ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
    (ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家)
    「私が獄につながれ、ただ一冊の本を持ち込むことを
    許されるとしたら、私は聖書を選ぶ」

    大喜多 敏一
    (元北海道大学工学部教授、国立公害研究所大気環境部長)
    「湯川秀樹博士が『私はどこから来てどこに行くのか知りたい』
    と言われましたが、聖書にはその回答があるのです」

  • 週刊 いのちの道(5)は、こちらをどうぞ。